先生

きれいに取り除く方法

ドクター

肌や体調により結果は違う

ほくろを安全に除去させる方法は複数存在していますが、メリットとデメリットを知って利用しやすいものを選びましょう。一番リーズナブルなやり方としては、民間療法でモグサで焼く方法がありますが、やけどになる恐れや完全には取れない恐れがあります。十分なケアを行うことで取れることもありますが、取れないことも多いので、慎重に行動することが望ましいです。なお、イボのように大きくなっている場合、焼くことで取れることもありますが、皮膚がんの恐れもある為、不用意に焼かずに医療機関を受診しましょう。他の民間療法では海外で販売されているほくろ除去クリームを使う方法がありますが、個人輸入で取り寄せる必要がある為、手元に届くまで時間がかかります。また、入っている量はそれほど多くない為、効果を実感できるかどうかは、その人の使い方や体質しだいとなる為、使用前にパッチテストを行ってください。希望通りに取れた人、取れなかった人と体験談では紹介されている為、体質やほくろの状態によって結果が異なると推測されます。完全に除去できるかどうか不安だという場合には、医療機関を受診して治療を受けたほうが安全性が高く、アフターケアも万全です。医療機関で行える方法として最もポピュラーなのは、レーザーで焼く方法であり、あまり大きくなく盛り上がっていない物に有効といえます。治療跡が傷になりにくく、治療中の痛みはそれほど強くない上にアフターケアがしっかりしているのが特徴です。ただし、種類によっては根が深くて完全に除去することが難しく、再発する懸念が指摘されていることや、大きさによって何度も治療する必要があります。このため、全てをレーザーで焼ききることは無理と考え、大きな物は別の方法で治療することを医師と相談の上実行してください。大きなほくろの場合、除去方法として外科手術によって取り除く方法や、電気メスによって取り除く方法があります。どちらも完全に除去しやすい方法ですが、人によっては傷跡や、皮膚に白い斑点が残るリスクがある為、リスクを理解して治療を受けましょう。悪性のほくろかどうか判断することができるくりぬきを使った方法は、外科手術同様傷跡が残るリスクはありますが、皮膚がんの判定に最適です。皮膚がんではないかと不安に感じる場所にほくろがある場合には、医師に相談して悪性かどうか判断してもらってください。イボのように大きくなっていて悪性ではない場合、液体窒素を使って除去する方法がありますが、わずかな痛みでポロリと取れてくれます。それぞれの治療法のメリット・デメリットを理解してケアを受けることが最適とされますので、医療機関でカウンセリングを受けてください。体質や皮膚の状態、更にほくろの状態によっては完全に除去できず、何回か治療を行うことになる事も理解して治療を受けましょう。皮膚のトラブルを防ぐことや、皮膚がんを懸念している場合には、治療を受ける前に医師に相談して検査を受けてください。結果によっては保険適用となる為、低価格でほくろの除去が可能となることや、アフターケアも適切に受けられるでしょう。