前よりも肌がキレイに見える!

綺麗な肌を目指すためには

女性

医療施設が正解

透き通るような綺麗な肌を持っていても、黒い点にしか見えないほくろがあると、台無しだと感じてしまう方もいることでしょう。もしも、それがコンプレックスになっているのなら、意外なほど簡単に除去できますので、試してみることをオススメします。なお、ほくろの除去方法として家庭でもおこなえる民間療法が多数紹介されているので、そちらを試してみようと考えるかもしれません。その民間療法としては、もぐさを使った方法やひまし油と重曹を混ぜて作ったクリームを利用する方法などが有名です。これらの方法は安全性が確立されておらず、肌にトラブルをおこす可能性もありますので、美容目的では利用しないほうが賢明でしょう。特に、顔にあるほくろの場合は、トラブルが起こってしまうと、外見を大きく損ねてしまう可能性が高いため注意が必要です。民間療法が駄目となると、やはり頼れるのは医療施設で受けられるほくろ除去の施術です。医療施設ならば、皮膚に関する医学的知識を持つドクターが施術をおこなってくれますので、トラブルを起こすことなくほくろをスッキリと除去できます。ただし、綺麗になりたいという美容目的で医療施設に訪れるというのなら、必ず美容系のクリニック(病院)を選択しなければいけません。ほくろを除去してくれる医療施設は、『病気の治療をしてくれる一般の皮膚科』と、『綺麗になるための施術をおこなってくれる美容整形クリニックや美容皮膚科』に分かれているからです。一般の皮膚科で受けられる施術の特徴としては、病気を治すためにおこなうため、見た目を完璧には整えてくれません。一方の美容整形クリニックの特徴は、名前の通りに綺麗にすることを目的としていますので、ほくろが存在していたのが分からないくらい綺麗に除去してくれます。従って、病気治療と綺麗になるための施術はまったく別物と考えられるため、美容系のクリニックを選定することが大切になるでしょう。また、ほくろ除去はいろいろありますが、主にレーザーを照射する方法とメスを使って物理的に除去する方法が存在しています。もちろん、レーザーを使ったほうが痕も残らず、アフターケアも簡単なので、そちらに対応した美容系クリニックを探してみましょう。ただし、ほくろの大きさによっては、レーザーではなくメスを使ったほうがよいこともあるため、最終的な判断はドクターに任せることになります。受けたい施術があったとしても、それが最適とは限りませんので、担当してくれるドクターとよく相談をして決めることが重要です。ちなみに、ほぼすべての美容系クリニックはホームページを開設しているため、事前に受けられる施術を調べることは簡単だといえます。そして、通うべき美容系クリニックを探す場合は、除去にかかる金額よりもカウンセリング重視で選ぶようにしましょう。ほくろと除去したいと考える方は、体ではなく顔にある場合が多いでしょうから、信頼できるドクターに頼むことが大切です。いくつかの美容系クリニックのカウンセリング(ほとんどのところが無料)を受けてみて、もっとも好印象のところを選びましょう。

皮膚のほくろをなくす

医者

ほくろは予防するのが望ましいですが、すでにあるものについて除去する方法もいくつか考えられます。一般的なほくろ除去はレーザーによるもので、比較的簡単で費用も安いです。ただ、病気による悪性のものであることも考えられるので、注意する必要があります。

きれいに取り除く方法

ドクター

ほくろを適切に除去する方法は複数存在していますが、自己流で取り除くと肌トラブルや完全に取れない恐れがあります。美容外科を中心に医療機関で治療を受けることによって、きれいに取り除きやすいといわれている為、参考にしてください。

気になるほくろの取り方

目元を触る人

ほくろ除去には3つの方法があります。痛みも傷跡も出にくいレーザー照射は、価格も安く1度の通院で済む為人気があります。大きいほくろや根が深いほくろには、くり抜き法や切除する方法が適しています。自分に合った施術方法を、しっかり検討しましょう。

おすすめ関連リンク

  • ほくろが気になる人のサイト

    気になるほくろ除去について学びたいならこのサイトがイチオシ!わかりやすい内容になっているので見てみるべきですよ。
  • ほくろ.com

    気になるほくろを除去したいと思う人に見て欲しいサイトです。そもそもほくろって何?施術内容などについて学べますよ。